あいの動物病院

診療・手術風景
初めて病院にかかられる方へ
病院内の設備
ワクチンアレルギーについて
フィラリア予防
陰睾(片睾丸)について

7月の診療時間変更などのお知らせ
今月の患者さんからの質問
マイクロチップについて
病気で治療中の各患者さんからの声
避妊・去勢について

スタッフ一同
病院の家族たち
しつけ教室開催中
眼科の先生のページ

病院のある所
研修先の病院
難治性の疾患を持たれている患者さんへ
耳の治療について
マイクロバブル・ウオッシュ・システム

お問い合わせ
リンク
料金表
里親(新しい御家族)募集
狂犬病ワクチンに関するQ&A
フィラリアに関するQ&A

フィラリアに関するQ&A
質問1:フィラリア予防はいつからいつまでですか?
静岡県における予防期間は5月半ばから11月半ばです。よく4月でも蚊がいるから早めに予防は必要と言われる人がいますが、この時期の蚊は、イヌにフィラリアを移すまでには至っていません。(詳しくはホームページをご参照ください)なお、今年は暖冬の影響で早めに行ったほうがいいのではないか?と思われる方も多いと思いますが、5月からで問題ありません。ご安心ください。

質問2:よく飲ませ忘れてしまうのですが、大丈夫ですか?
薬の種類にもよりますが、飲ませる時期が多少ずれても大丈夫です。ですが、数ヶ月飲ませ忘れた場合には、感染してしまう可能性がありますので、基本的には1ヶ月に1回を忘れずに飲ませてあげることが大事です。

質問3:フィラリア予防の注射があるって聞いたのですが・・・
一昨年に1回の注射で、半年間予防できる注射が実際ありましたが、実際投与してみると副作用が多く認められたため、今では一旦製造中止になっています。

質問4:シロップタイプのフィラリア予防薬はないの?
液体のフィラリア予防薬もあります。効果については問題ないので、ご希望の方がいらっしゃいましたら、いつでもご連絡ください。

質問5:予防前に血液検査はしなければならないのですか?
基本的には血液検査を推奨しています。しかしながら、7ヶ月間きちんとお薬を飲ませていれば100%予防が出来ますので、その場合はお薬のみでも大丈夫です。

質問6:予防薬にはいくつか種類があるって聞いたのですが、どれがいいですか?
基本的には、どれでも大丈夫です。主に内服型(飲ませるタイプ)と滴下型(背中にたらすタイプ)があり、どちらも1ヵ月毎行っていただければ大丈夫です。

質問7:生後どれぐらいから飲ませるのですか?
基本的には、生後3ヶ月たってから飲ませてあげることを推奨しています。それ以前に飲んでもまったく問題はありませんが、効果は変わりません。

COPYRIGHT(C) あいの動物病院 ALL RIGHTS RESERVED.