あいの動物病院

診療・手術風景
初めて病院にかかられる方へ
病院内の設備
ワクチンアレルギーについて
フィラリア予防
陰睾(片睾丸)について

6月の診療時間変更などのお知らせ
今月の患者さんからの質問
マイクロチップについて
病気で治療中の各患者さんからの声
避妊・去勢について

スタッフ一同
病院の家族たち
しつけ教室開催中
眼科の先生のページ

病院のある所
研修先の病院
難治性の疾患を持たれている患者さんへ
耳の治療について
マイクロバブル・ウオッシュ・システム

お問い合わせ
リンク
料金表
里親(新しい御家族)募集
狂犬病ワクチンに関するQ&A
フィラリアに関するQ&A

狂犬病ワクチンに関するQ&A
質問1:3月に狂犬病ワクチンをお願いできますか?
残念ながら、3月は特殊なケースを除いて注射を打つことは、どこの獣医さんも出来ません。行政からの通達のため私個人が勝手に注射してしまうと、最悪の場合は、法律違反になってしまいます。申し訳ありませんが、4月まで待っていただきますようお願い申し上げます。
質問2:往診はしていただけますか?
大変申し訳ありませんが、現在往診は行っておりません。ご了承お願いいたします。
質問3:狂犬病の往診料はかかりますか?
狂犬病や他のワクチンに関しては往診料はかかりません。他の病気に関しては、往診料がかかります。ご了承お願いいたします。
質問4:狂犬病は4月に注射しなければならないのですか?
3月を除いて、いつでも注射できます。
質問5:狂犬病ワクチンは打たなければならないのですか?
残念ながら、今の法律では打たなければなりません。(打たないと法律違反になります)しかしながら、病気で打てない場合もありますので、この場合は獣医さんが執行猶予書を書きます。これによって1年間注射しなくても大丈夫になります。詳しくは当病院にご連絡ください。
質問6:狂犬病が最近あったようですが、人から人への感染はありますか?
通常ありません。(角膜移植で感染したケースはあるようです。)
質問7:狂犬病ワクチンは生後どれぐらいから打てるのですか?
生後90日を過ぎたら、打つことができます。
質問8:登録は一緒にしてもらえますか?また料金はいくらですか?
登録はどの地域の方でも可能です。極端にいえば、北海道や沖縄の方でも大丈夫です。料金は市町村の料金と一緒です。(詳しくはホームページの料金表をご覧ください。)またそれにかかる手数料等はいただいておりません。
質問9:狂犬病ワクチン接種料はいくらですか?
市町村と一緒になっております。詳しくはホームページ料金表をご覧ください。
COPYRIGHT(C) あいの動物病院 ALL RIGHTS RESERVED.